平成12年に介護保険制度がスタートしてから、ご高齢者とそのご家族を支援するサービスは多様化し、充実して参りました。

どうかご家族だけで悩まず、ご家族だけで背負わず、このような介護福祉サービスをどんどん利用していただきたいと思います。

ご高齢者とそのご家族の、より一層の幸せのために、光風会が喜んでお手伝いいたします。

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方公共団体など公的な機関が運営する、高齢者のための居住施設です。入居者は食事や入浴、排泄など日常生活の介護や援助が受けられます。
一般的な有料老人ホームと比較すると低料金で入居できるのが利点ですが、介護度が高い、経済的な問題など、困難な事情を抱えた方が優先的に入居することになるため、多くの施設で数百人単位の待機者が出ています。

●原則65歳以上、要介護3以上の認定を受けている方。

グループホームとは、主に認知症によって一般的な生活が困難なご高齢者が、専門のスタッフによるケアを受けながら、少人数(1ユニット5~9名)で共同生活を送る施設を指します。家庭的な環境のなかで、入居者の能力に合わせた役割を与えられ、自立した生活を送ることで、認知症の進行を穏やかにする効果があると言われています。

●原則65歳以上、要支援2または要介護1以上の認定を受けている方。

短期入所生活介護事業所(ショートステイ)は、仕事や冠婚葬祭、旅行、体調不良などで家族が一時的に介護できない時、数日から一週間程度の短期間入所して日常生活のケアを受けていただける施設です。

●要支援1または要介護認定を受けている方。

デイサービスとは、別名を通所介護サービスといい、主に在宅で介護を受けられているご高齢者に通所していただき(バスによる送迎あり)、入浴や食事、レクリエーションご提供する日帰り介護サービスです。
ご利用者の気分転換と同時に、介護者の方の負担軽減やリフレッシュにも有効です。

●要支援1または要介護認定を受けている方。

居宅介護支援事業所では、介護保険制度を利用するにあたって、それぞれの状況にあった介護計画(ケアプラン)を作成したり、介護保険の申請手続きの代行等を行います。
在宅介護支援センターは、ご高齢者とそのご家族の立場に寄り添い、保険と福祉に関する専門的なアドバイスをしたり、各種機関との連絡調整や申請の受付を行います。

いずれもご高齢者とご家族のための相談所として、無料でご利用いただける機関です。